本文へジャンプ
赤ちゃんの聴力検査について

 産まれたばかりの赤ちゃんに、聴力検査が必要なのはなぜ?


  言葉の発達には聴力が必要です

   
言葉を習得し知識を発達させるためには、聴力がとても必要です
   
音の刺激を繰り返し受けることによって、脳が学習・発達し、言葉の意味を理解できるようになります


  
聴覚障害を早期に発見できます

   
聴力検査を行わない場合、赤ちゃん自身が症状を訴えることがないので、2〜3才頃になって
   
「言葉が遅い」ことから、初めて難聴に気付くことが少なくありません


  
早期に治療・訓練を開始できます

   
聴覚に障害がある場合でも、発見が早いほど、適切な治療や訓練によって聴力や言葉の発達を促し、
    他の赤ちゃんと同じように成長することができます


 どんな検査をするの?


   
赤ちゃんの耳にイヤホーンを装着し、ソフトなクリニック音を聴かせます
   
   
赤ちゃんが眠っている間に、短時間で検査は終了します


  

      
詳細につきましては、当院スタッフまでお気軽にお尋ねください